So-net無料ブログ作成

向き合う心 [社訓概念]

向き合う心

●仲間と自らに向き合う

 父の後を引き継いだのは、26歳の時。父・松浦信一が、36歳で徳島市北田宮に東邦機械製作所を設立してから20年後のことでした。このとき、父と一緒に働いてくれていた職人さんたちは、10人ほどでした。

 会社を譲るにあたって、父曰く「会社の経営、仕事のノウハウ、お客様との向き合い方、どれくらい理解しているのかは分からない。けど、引き継ぐのは早いほうがええ。仕事のことは、俺を見てきただろうから、後は自分が一番外側で、風の当たる場所に立って、皆様から学ばせてもらえ」と。

 引き継ぎを、新たな出発点として、社名を現在の松浦機械製作所に改め、本社も南田宮に移築しました。それまでの治工具関係金具・精密加工事業に加え、マシニングセンター、ワイヤーカットといった技術の導入を経て、今では設計、ソフト開発、電機、配線、単部品、組み立て部品、組み付け作業台、検具の受注など様々な分野で実績を重ねています。スタッフもなんとか30名を数えるまでになりました。

 時代は変わり、国際化・情報化が当たり前の現在。かつてのような、いい意味での「のんびり」した空気を感じられる仕事は難しくなっています。けれど、どんな時代であっても、機械やお客様、仲間、そして自らに真摯(しんし)に向き合う心が、誰もの共感を呼び、いい仕事につながるのだと信じています。

 「ありがたいお客様、信頼できる仕事仲間、あたたかい家族に恵まれた」と父は笑顔で言います。あとは「いい後継者に恵まれた」の言葉をいつか聞けることを願って、あらゆるものに真面目に向き合っていきたいと思います。

(向き合う心・終わり)

株式会社 松浦機械製作所 『機械は友だち』)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。