So-net無料ブログ作成

未来を想うチカラ(3) [未来のエンジニアたちへ]

自分の中に到達したい目標ができると、
キャンパスを歩くスピードが変わります。

_MG_0179.jpg

工学部にどんなイメージや希望を抱いていますか?

未来のエンジニアのみなさん、こんにちは。
松浦機械製作所の松浦良彦です。
先輩からのエール『未来を想うチカラ』の第3話です。

さっそくですが、みなさんは、工学部にどんなイメージを持って
いますか? そして、どんな期待を抱いていますか?
機械や電気、システムなどの専門知識を学び、
卒業後は各種大小企業の工場で働くためのステップでしょうか。

確かに、実社会に出て活躍するための基礎を学ぶという面は
大きいと思います。

しかしです。

ただ、それだけのために、4年間なり2年間という時間を
漫然と費やすのはもったいない──と、感じませんか?

_MG_0220.jpg

自分の好きなこと(分野・目標)が見つかると、キャンパスが楽しい場所になります。

大学というところは、基礎を学べるのはもちろん、
自分の好きなこと(専門分野)を徹底的に、
追求し、研究できる開かれた場所なのですから。

私は、会社での立場上、海外のキャンパスや多くの学生たちに
接する機会も少なくありません。
そこで感じるのは、彼らの歩くスピードの速さです。
そのことを聞いてみると、
目標すなわち「やりたいことがあるから」と答え、
足早に立ち去っていきます。

_MG_0191.jpg

目標ができると、歩くスピードが変わります。

つまり研究室に向かって歩いている時間すら
もったいないと考えているのです。
そんな考え方ができるのは、将来の目標がはっきりと
見えているからかもしれませんし、何より、
自分の好きなことが、目標になっているのだろうし、
また、達成する道のりも面白がっているのでしょう。

みなさんも、楽しい場所へ行くのに、
漫然と歩いてはいなかったと思います。
「やりたいことを、早く見つけてほしい」
これが、第3話で贈る私からのエールです。

キャンパスの中を、目標に向かって一直線に歩いている
そんな、未来のエンジニアたちのスガタに期待します。


メールでの お問い合わせは
machine@matsuura-kikai.com

電話で のお問い合わせは
088-632-1056(代表)

株式会社 松浦機械製作所 『機 械は友だち』)


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。