So-net無料ブログ作成

未来を想うチカラ(6) [未来のエンジニアたちへ]

ちなみに(株)松浦機械製作所の今のテーマは
無線LAN移動中継システムの普及です。

chari3.jpg

▲未来を想うチカラがあれば、夢は実現します!

未来のエンジニアのみなさん、こんにちは。
松浦機械製作所の松浦良彦です。
前回は、とにかく自分なりのテーマ・目標を見つけて
まずは『足る』までやってみよう!というお話でした。

今回は、その具体例として、当社が今、取り組んでいる
新しい時代のコミュニケーション技術、
無線LAN移動中系システムについてご紹介します。

このシステムは、その名の通り、無線LANを介して、
しかも移動しながらリアルタイムで大容量の
映像・音声データを送信し、かつ受信するというもの。

しかも、当社が長く研究し、開発した
『ピークサーチ自動方調雲台』をベースに、
軽量・小型化し、導入のための予算も
通信という面から、他の放送システムに比べて
大幅にコストダウンすることができました。

これまでに
『とくしまマラソン』『第2回海部川風流マラソン』
『阿波おどり』『徳島県総合防災訓練』ほか、
全国のケーブルテレビ各社への協力など、実績を重ねています。
来週末に迫った『とくしまマラソン2010』も、もちろん
中継参加しますので、ご期待いただきたいと思います。

このように、研究から開発、そして実績を重ね、
現在、その普及に取り組んでいるところですが、
そのきっかけは、機械づくりの技術をベースに、
電界強度を探り、自動方調する、賢い雲台を作れないだろうか、
というものだったのです。

そこから、マラソンなどのイベント中継をはじめ、
近年の発生が確実視されている東南海地震など災害への備え、
といった具体的なイメージが見えてきました。

──モノづくりの技術はある。
──完成すれば、きっとみんなの役に立つはずだ。
──だったら全社を挙げて取り組んでみよう。

こうした経過から、未来を思い描き、
そして「今」を積み重ねてきた結果、少しずつですが、
実績を蓄えることができたのです。

まだまだ、(株)松浦機械製作所は、このテーマに対して
『足る』までには至っていません。
研究・開発、そして今後は普及に精一杯取り組んでいきます。

未来のエンジニアのみなさんも、
テーマ・目標さえつかむことができれば、
具体的なイメージが生まれ、やるべきことが見えてきます。
それこそが『未来を想うチカラ』となり、
きっと、みなさんの夢を実現させるパワーとなるに
違いありません。 ガンバレッ!

tokushima.jpg

▲とくしまマラソン第1回、第2回、そして第3回(4/25)も中継します。

kaifu.jpg

第2回海部川風流マラソンの中継の様子です。多くのみなさんに、視聴いただきました。

awaodori.jpg

▲徳島といえば、阿波おどり。マチにあふれる熱気を伝えることができました。

bosai.jpg

昨年9月1日行われた徳島県総合防災訓練では、山間部の小学校と河川敷の本部等をリアルタイムで結びました。

system.jpg

未来を想うチカラこそが、イメージをカタチに変えるのです。

メールでの お問い合わせは
machine@matsuura-kikai.com

電話で のお問い合わせは
088-632-1056(代表)

株式会社 松浦機械製作所 『機 械は友だち』)


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。