So-net無料ブログ作成

未来を想うチカラ(10) [未来のエンジニアたちへ]

連絡することで、決断の根拠を得る。
報告によって、正確な評価をもらう。

名称未設定-1.jpg

▲連絡し、報告する技術を身につけよう!

前回は整理と整頓の違いについて、
エンジニア松浦的解釈で解答しました。
今回は、その第2弾。
連絡と報告の違い。そして運とツキの違いです。

宿題にしていたわけではありませんが、
宿題ととらえて、もう調べてきたというみなさんは
どうぞ答えがあっているか、確認してみてください。

まず連絡です。辞書によれば、
「つながり」「情報をなどを知らせること」などとあります。
いっぽうの報告は、どうでしょうか。これまた辞書によれば、
「研究や調査、あるいは任務の結果を知らせる」とあります。

どう違うのか。もう分かったかもしれませんが、
連絡は、現在進行形であり、今の状況を知らせることで、
相手の意見や判断をもらうための行動です。

そして報告は、結果を知らせるものです。
レポートなどを提出し、自らが取り組んできたことの
成果や実績を評価してもらうための材料づくりなのです。

連絡そして報告は、研究や開発、機械づくりといった
一連の流れの中にあるということなのです。
こうした連絡・報告の技術を身につけることは、
社会人となるための基本・基礎であると思います。

連絡することで、仲間や上司の意見・判断をもらい、
また自分の決断に、より正しい方向を見つけることができます。
私の経験から分かるのですが、
確信し、決断しなければ、実行するためのチカラが
湧いてこないのです。だから、多くは失敗につながります。

そして、報告することで、他の人の評価をもらうことが、
実力をつけていくために欠かせません。
「まぁいいか」「この程度、十分だろう」というのは
自己採点であって、正確な評価ではありません。
学生の間は教授から、そして社会にでれば上司や顧客から、
指摘される内容が正しい評価のです。

報告する──つまり、結果を評価してもらうことで、
「甘え」を克服できれば、みなさんは大きく成長できるでしょう。
これも『未来を想うチカラ』の一つなのです。

次回は、運とツキの違いについて、お話します。

6545009.jpg

▲連絡することで、正しい決断につながり、報告することで実力がアップします。

お知らせ
2010年4月25日に開催される市民マラソン
『とくしまマラソン2010』をリアルタイム移動中継します。
当日は、以下のチャンネルから、
とくしまマラソンを応援してください。

『とくしまマラソン2010』無線LAN移動中系

_P_L4752.jpg

▲おしらせ。とくしまマラソン2010をインターネットで応援しよう!

メールで の お問い合わせは

machine@matsuura-kikai.com

電話で のお問い合わせは
088-632-1056(代表)

株式会社 松浦機械製作所 『機 械は友だち』)


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。