So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【秋の北海道ツーリング】第5話 [旅行記]

秋の北海道ツーリング
第5話

●「無駄な時間は無い」と思います

 この旅の中で、一度だけ後悔に近い思いをしました。寒かったけれど、とても癒された糠平(ぬかびら)の宿を後に、翌朝、ゴールの宗谷岬を目指しました。道のりの残りは、約300km。愛車のメーターを見ると、燃料はかなり減っている。しかしそこから最寄りのガソリンスタンドまで、1kmほど引き返さなければなりません。考えると億劫(おっくう)な気がして、そのまま出発していました。何となく、次のガソリンスタンドまでは走れそうに思ったのです。

ところが、行けども行けどもガソリンスタンドが無い…。引き返さなければならないことに気づいたとき、すでに25kmも走っていました。「何となく」という判断をしたために、1km帰ればいいものを、25kmも戻ることになってしまったのです。機械の設計をはじめ、すべての物づくり、すべての仕事にもあてはまることです。理由無き判断のまずさを改めて考えさせられました。

さて、何はともあれ、この日も存分にツーリングを楽しみ、まだ日のあるうちに宗谷岬に着くことができました。布団付き一泊2100円の宿を取ると、あとはやることがありまあせん。しかも食事ができるお店がしまっており、スーパーも見あたりません。20kmほど離れたところにコンビニエンス・ストアがあると聞き、「まぁ、仕方ないか」と、疲れてはいましたがバイクを走らせたのです。

そこでお弁当を買い、宿への長い帰路に着いた私を、すばらしい光景が待っていてくれました。足早に降りてきた夕暮れが、宗谷岬を赤く染め、昼間とはまったくイメージの違う輝くような風景です。「なるほど無駄な時間というものは、無いのだなぁ」と思い、この風景を家族や社員たち、また誰かと分かち合いたいと考えていたのかもしれません。ふいに、30年来会っていなかった友人が、この近くに住んでいることを思い出したのも、そのためでしょう。

うまく連絡が付き、彼が宿まですぐに迎えに来てくれました。つもる話の中で、杯を重ね、さまざまな出会いの楽しさをゆっくりと噛みしめていました。

(秋の北海道ツーリング・おわり)

株式会社 松浦機械製作所 『機械は友だち』)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。