So-net無料ブログ作成

伝統の撫養航路を体験 [交流]

往復4時間、温故知新の船旅。
存分に楽しみました!

10月の末。経済同友会の研修委員のみなさんから
「懐かしの撫養航路を訪ねながら
徳島ヴォルティスを応援に行きませんか!!」とのお誘いを受け、
喜んで参加させていただきました。

撫養航路というのは、明治25年に運航が開始された
巡航船による航路だそうで、徳島県では初の就航だったとか。

吉野川や旧吉野川を経由して
徳島市と鳴門市をつなぐ撫養航路は、
都市間を結ぶ重要な交通・輸送手段となっていたと聞きます。

以来、鉄道の開通を機に、
昭和10年に幕を下ろすまでの約50年間、
多くの人や物を運んで、
当時の人々の暮らしや経済を支えました。

そんな伝統的ある撫養航路を
NPO法人・新町川を守る会のみなさんが復活させたのだとか。

さっそく遊覧船による観光・撫養航路を楽しんできました。
古きを訪ねて新しきを知る──「当社の
無線LANライブ中継システムを使い、
船上からリアルタイムで映像・音声を送ってみようかな」など、
これからのモノづくりのアイデアにつながる良い旅になりました。

貴重な経験をさせていただいた、
徳島経済同友会・研修委員会のみなさんに

あらためてお礼を申し上げます。
ありがとうございました!

DSC_0879.jpg
▲撫養航路は、新町川に架かる両国橋南詰めからスタートします。

DSC_0887.jpg
新町川・助任川・吉野川・今切川・鍋川・旧吉野川・撫養川・小鳴門海峡を巡ります。

DSC_0905.jpg
▲奥に見えるのは、徳島市のランドマーク『眉山』です。

DSC_0920.jpg
▲新町樋門が見えてきました。メガネ橋のようです。

DSC_0923.jpg
▲大河・吉野川に出ました。

DSC_0945.jpg
▲吉野川橋の下をくぐって進みます。

DSC_0988.jpg
▲川湊の風景です。近くに暮らしていても川面から眺めることは、まれ。貴重な経験です。

DSC_1017.jpg
▲橋の裏に頭がつかえそうで、スリルも味わえました。

DSC_1040.jpg
▲今切川の河口堰が見えてきました。

DSC_1070.jpg
▲堰を開けてもらいながら、ゆっくりと通過。

DSC_1146.jpg
▲鳴門・大塚スポーツパークで、サッカーJ2の地元チーム・ヴォルティスを応援しました。

 ※写真を撮ってくれたのは、カイデヤさんです。ありがとうございました。


株式会社 松浦機械製作所 『機械は友だち』)


nice!(2)  コメント(0) 

霧氷の『三嶺』にアタック! [交流]

三嶺山頂は別世界でした

前日の冷たい雨が上がり、
青空が広がった11月3日(文化の日)。

徳島経済同友会青年部の大野さんにお誘いいただき、
徳島県が誇る美峰『三嶺』(みうね・標高約1893m)の頂
を目指しました。

徳島県三好市東祖谷の名頃地区にある登山道を
出発したのは、午前8時。
平野部で前日降った雨は、ここでは雪だったようで、
周りは白銀の世界に包まれていました。

道中の厳しさを聞いていたため、
内心「どうなることやら」と
多少不安を覚えていたのですが、
目の前に広がる風景に、心を奪われ、
それと引き替えに『元気』をたくさんいただきました。

自然林の中を延びる登山道を歩くこと約4時間。
一緒に歩いた仲間たちと談笑しながら、
あるいは壮大なパノラマ映像として
眼下に広がる山並みに言葉を失いながら、
そして自分自身の心と体力に語りかけながらの
楽しい登山となりました。

美峰の頂付近では、写真の通りの
すばらしい霧氷風景に出会うことができました。
背の高い木々の枝に白い霧氷がまとわりつき、
高木が切れた頂上近くでは、
紅葉したコメツツジを包んでいました。

貴重な経験をさせていただいた大野さんをはじめ、
徳島経済同友会青年部のみなさんに
あらためてお礼を申し上げます。
ありがとうございました!

DSC_1598.jpg
▲三嶺(みうね)の山頂に立ちました。

DSC_1511.jpg
青い空と白い霧氷が迎えてくれました。

DSC_1522.jpg
▲頭上では、風に霧氷が舞っていました。

DSC_1549.jpg
▲「やっほ〜!」。三嶺山頂から、雄大な景色に、また頑張る力をいただきました。

DSC_1545.jpg
▲山頂近くにある池。凍り付きそうなものですが、まだ頑張っていました。

DSC_1558.jpg
▲三嶺山頂まで、あと少し。

DSC_1582.jpg
▲尾根の右と左でこんなにも景色が違う。
人生も「考え方一つ」ということかもしれません。

R0013762.jpg
▲思いっきり、深呼吸を楽しみました。

DSC_1480.jpg
▲今回、私たちがたどった登山コースです。

 ※写真を撮ってくれたのは、カイデヤさんです。ありがとうございました。


株式会社 松浦機械製作所 『機械は友だち』)


nice!(0)  コメント(0) 

とくしまマラソン完走ノート [交流]

すばらしい経験に心から「ありがとう」


 フルマラソン(42.195km)を完走する──こんな心地よいことは、これまで経験したことがありません。体は正直なもので、翌日から日焼けとひどい筋肉痛に襲われているわけですが、不思議とそれが心地よいのです。何度も萎(な)えかける気力を奮い起こし、最後まで頑張り『走る阿呆』になれた達成感に満たされています。

ゴール.jpg
完走をたたえ合うNさん(左)、Kさん(中)と私

私を『とくしまマラソン』に誘ってくれ、いっしょにゴールした友人たちに、こんな機会を与えてくれたことを感謝します。旗を持って、コースでのペースメーカーを果たしてくれた徳島大学のボランティアの皆さんに感謝します。関門・給水ポイントで、梅干しや塩、ドリンクを手渡してくれた皆さんに感謝します。私の走りを撮影し、応援してくれた家族に感謝します。そして、何より、沿道から声援というエネルギーをくれた『第三の阿呆』の皆さんに感謝します。ありがとうございました。

徳大PMさん.jpg
徳島大学のボランティア・ペースメーカーさんたち


家族と.jpg
『走る阿呆』になった私(左)と友人、家族


大きな充実感、達成感は、私の大きな自信にきっとつながるはずです。そして、いつかどこかのフルマラソンにもう一度参加したいと、今また本気で思っています。(とくしまマラソン・終わり)

株式会社 松浦機械製作所 『機械は友だち』)


とくしまマラソン完走ノート [交流]

沿道に第三の阿呆のチカラを見た


 以前、第三の阿呆(カテゴリー)をテーマに、少しブログをまとめました。第三の阿呆とは、簡単に言えば踊る阿呆(踊り子や鳴り物)の気持ちを盛り上げ、踊る阿呆と見る阿呆が一体化できるように扇(あお)ぎ煽(あお)る阿呆のこと。沿道で『とくしまマラソン』に挑むランナーたちに、旗を振り、声援してくれる人たちは、まさに第三の阿呆に通じると実感しました。

書くと、きれい事に感じられるかもしれません。それを恐れず言いたい。10kmを過ぎて膝が笑いはじめ、15kmを過ぎてへたり込んでも不思議ではないほど足にチカラが入らない。そんなとき、沿道から「がんばれぇ〜」「まだいけるぞ!」と声をかけてもらえると、手を振り返したり、笑顔で応えるチカラは無くても、そこから後1km走れるパワーが湧いてきたのです。本当です。ゴールも近くなってくると、100mごとに声援がほしいと心から思ったものです。

バンザイ.jpg
Nさんとバンザーイ、バンザーイ


友人Kさん.jpg
いっしょに完走した友人のKさん


折り返し地点の西条大橋北詰では、友人が待っていてくれました。「まっちゃん、まだ行ける!もう折り返しやっ!まだまだ時間はあるぞ」と、あたたかい声援で迎えてくれました。見る余裕はありませんでしたが、折り返し地点では、阿波踊りによる応援にも勇気づけられました。(つづく)

折り返し.jpg
折り返し地点(約20km)では、阿波踊りの応援が!


株式会社 松浦機械製作所 『機械は友だち』)


とくしまマラソン完走ノート [交流]

友人の言葉「前へ行こう!」に感謝


 42.195kmのコースを簡単に説明します。徳島藩の城跡に設けられた徳島中央公園『鷲の門』前を9時にスタート。そこから、北へ吉野川大橋を渡り、今度は吉野川北岸の土手を西へ約20kmさかのぼります。そして阿波市と吉野川市を結んで吉野川に架かる白いアーチの西条大橋を南岸へ渡って折り返し、今度は東へひた走り、徳島市陸上競技場のゴールを目指すコースでした。

コース途中には数カ所の関門が設けられ、そこを一定時間内に通過しなければならないルールになっていました。私は、制限時間での通過を半ばあきらめていたため、スタート時にも、ランナーたちの最後尾に居ようと思っていたのです。ところが、私を『とくしまマラソン』に誘ってくれた友人らが、「ほんな後ろのほうではあかん。(しりごみせずに)前へ行こうっ」と、中段位置まで引っ張っていってくれたのです。後になって考えてみると、このことも完走への第一歩だったのだと、友人に感謝しています。

スタートから、どんどん早いランナーに追い抜かれていくのですが、それでも後ろにはまだまだたくさんの『走る阿呆』たちが続いている。後ろを振り返るたび、「まだ行ける」と、へたり込みそうな私の心に元気が湧いてきたのです。(つづく)

誘ってくれたNさん.jpg
応神町付近にて。私を誘ってくれたNさん


ありがとう!.jpg
へとへとでしたが、大満足の完走に笑顔がこぼれました


株式会社 松浦機械製作所 『機械は友だち』)


とくしまマラソン完走ノート [交流]

『走る阿呆』になりました!


 生まれて初めて、フルマラソンに挑みました。「阿波おどりの国で 走る阿呆になろう!」をキャッチフレーズに、4月27日(日)開催された市民マラソン『とくしまマラソン』に、急きょ参加した次第です。県内ではかつてない規模だそうで、翌日の地元新聞によると全国、海外からも多くのランナーが集まり、参加者総数は4045人。このうち完走者は3052人。そして、かくいう私も4649(ヨロシク)番のゼッケンをもらい、順位2869位、タイム6時間31分42秒の成績で、見事『走る阿呆』となって完走することができました。

この結果を、自身信じられず、家族はみな驚き、とくしまマラソンに誘ってくれた友人も奇跡を見る思いだったに違いありません。というのも、マラソンどころかジョギングすらまったく経験が無く、日頃運動というものに縁の遠い私が、42.195kmを走りきれる(歩いている時間も長かったのですが^^;)とは、誰も思っていなかったでしょうから。

そんな私ですから、走る準備を整えるために、スポーツ用品店を訪ねたのも開催1週間前のこと。キャップにウェア、サポーター、シューズ、バンテリン(筋肉や関節の痛みを和らげる塗り薬)など、私の走りをサポートしてくれるものは、すべてそろえました。とにかく「何かにすがらなければ」という思いでいっぱいだったのです。(つづく)


スタート.jpg
吉野川北岸



株式会社 松浦機械製作所 『機械は友だち』)


立石様 ありがとうございました。 [交流]

立石様 ありがとうございました。

 横浜では、お世話になりました。ありがとうございました。仕事は、5時に終わり徳島での釣りを楽しんでいただこうと張り切ったのですが、釣果にならなかったのは残念でした。次回こそは、大物をあげて、それを肴に楽しい時間をご一緒できればと考えています。写真は、釣行を撮影したものです。次回、お会いできる日を楽しみにしています。

(株)松浦機械製作所・松浦




株式会社 松浦機械製作所 『機械は友だち』)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。